20年を経て開発した韓国型戦闘機、「毒針兵器」を搭載

2021/04/10 14:19

「できるのか」という疑いを打ち破り…今週、試作1号機の出庫式を開催 パースが確保できず5年間で500件以上も飛行ができなかったKF16などの限界を克服 ミサイル・爆弾など韓国製兵器を韓国の思い通りに搭載できる

 「4種類の主力品目は米国から正式に(技術提供を)拒絶されたので、欧州との国際協力を通して獲得し、韓国の国内技術を活用して開発する計画です」

 2015年9月、当時の張明鎮(チャン・ミョンジン)防衛事業庁長は韓国国会の国政監査で、「KFX(韓国型戦闘機)」開発に必須の4大核心技術の移転を米国が公式に拒否したことを確認しつつこのように答弁した。

 4大核心技術とは「AESA(アクティブ電子走査ア..

続き読む