隠れても無駄…塹壕にいるロシア兵の頭上でピンポイント爆発

【NEWSIS】ロシア軍占領地に対するウクライナ軍の反撃が強まる中、塹壕(ざんごう)に避難したロシア軍が迫撃砲の攻撃を受ける映像が公開された。

 英紙デーリーメールが30日(現地時間)に公開した映像を見ると、ドネツク空港周辺の塹壕から移動中のロシア軍兵士らの頭上で爆発が起こった。死傷者は確認されていない。

【動画】塹壕に隠れたロシア兵の頭上で爆発

 ウクライナは南部のヘルソンでも「橋やロシア軍の武器庫、指揮所などを破壊した」と主張している。

 ウクライナは南部奪還作戦を本格的に開始しているが、一部地域ではロシアの防衛線を突破し、四つの村を奪還したという。これに対してロシアは「ウクライナ軍の攻撃は失敗した」「特別軍事作戦を計画通り進める」と主張している。

 外信などによると、ウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は「われわれはヘルソン地域を含むさまざまな方面で反撃を開始した」「多方面でロシア軍の防衛線を破り、この地域の四つの村を奪還した」と説明した。

 またウクライナ軍はヘルソン地域にあるドニプロ河の橋を破壊し、その後もロシア軍が物資の補給に使っていた船舶にも攻撃を加えたという。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は前日夜の演説でロシア軍に対し「生き残りたければ逃げろ」「ウクライナの領土に(ロシア軍の)居場所はない。われわれは占領者を国境まで追いやるだろう」と警告した。

キム・グァンウォン記者

キム・グァンウォン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい