「大金持ちの妓生、両班に乱暴を働く農夫…18世紀の朝鮮王朝は激動期」
『晩悟謾筆』を発掘・翻訳した安大会教授  安大会(アン・デフェ)成均館大学教授(60)=写真=は、まだ大学生だった1984年の夏、延世大学中央図書館で目録にもない本と出合った。最初のページをめくってみると、没落した両班(朝鮮王朝時代の貴族階級)の青年が流浪して物乞いになり、ソウルで科挙の試験を受け.....記事全文