西欧の旧帝国主義諸国、謝罪するのは「国益に役立つとき」だけ
徴用工賠償判決で急速に冷え込む韓日関係…旧植民地帝国はどうしたか  植民地時代の強制徴用被害者に対する韓国の裁判所の判決以降、韓日の対立が強まっている。韓国の裁判所の判決に対抗し、日本は1965年の請求権協定を根拠に「個人賠償はできない」という立場を固守している。アジア・アフリカを植民支配していた.....記事全文