【コラム】韓国の若者の士気を下げる「若者のための政府」
 これまで4年間韓国政府系企業への就職を目指してきた32歳のある男性は、先日報じられた採用不正について「悲惨な気持ちだ」と口にした。男性はかつて民間企業で働いていたが、政府系企業で働く知人が自分とは違ってとても幸せそうに見えたので、働いていた企業を退職して転職する決意をしたそうだ。2年前には実際に退.....記事全文