平昌五輪1年:空き地と化したスタジアム、旌善スキー場はほこりまみれ

平昌五輪1年:空き地と化したスタジアム、旌善スキー場はほこりまみれ

 3度目の誘致合戦でようやく勝ち取った2018年平昌冬期五輪が、1月9日で開催から1周年を迎える。1988年のソウル五輪以来30年ぶりに韓国で開催された平昌五輪(2018年2月9-25日)は、長野(1998年)に次いでアジアでは2番目に開催された冬期五輪で、興行や収益、成績など多方面にわたって成功的だったとの評価を受けている。五輪後には、同じ場所で平昌パラリンピック(2018年3月9-18日)が開催されている。

■歴代最多となる国家・選手が参加した祭典

 平昌五輪には、歴代の冬期五輪史上で最も多い92カ国、2920人の選手が出場した。三つの世界新記録と25の五輪新記録が誕生した。組織委員会は、開・閉会式の予算を2008年の北京五輪の約9分の1に当たる668億ウォン(約65億円)に抑えるなど、節約された運営で619億ウォン(約60億円)の黒字を計上した。国務総理傘下の経済・人文社会研究会が提出した「2018平昌冬期五輪開催効果深層分析」と題する報告書によると、平昌五輪に伴う経済効果は全国基準の生産高が30兆8900億ウォン(約3兆80億円)、付加価値が10兆7927億ウォン(約1兆500億円)、雇用が23万1800人に上る。

 韓国は、金メダル5個、銀メダル8個、銅メダル4個と計17個のメダルを獲得し、総合7位にのし上がった。何よりも、ショートトラックなど氷上競技でのみ量産されていたメダルが、スケルトンやボブスレー、スノーボード、カーリングなどでも獲得できたということが最大の収獲だった。韓国と北朝鮮は、女子アイスホッケーで国際総合大会史上初の単一チームを形成した。

■旌善スキー場の処分を巡り「一進一退」

 平昌五輪は好評のうちに幕を閉じたが、当時建設した一部の競技場の事後活用問題は今も論議の的となっている。約2000億ウォン(約190億円)をかけて建設した加里王山の旌善スキー場は、復元問題を巡り政府と地方自治体、住民たちが葛藤の渦中にある。1月30日に訪れた同スキー場のスロープは砂利に覆われ、風が吹くと砂ぼこりが巻き起こった。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 平昌五輪1年:空き地と化したスタジアム、旌善スキー場はほこりまみれ

right

関連ニュース